2012年 03月 19日

子どもとの間の一線

b0242465_15372398.jpg


思うようにならないのが子育て。

大きくなればなるほど親の言うとおりになどならないですね。

日々実感。

「自分自身と子どもの人格をつなげて考えるから、子どものことで振り回されるような

気持ちになっちゃうのよ。子どもと自分とは違う、人格も性格も違うって切り離して考えると

すごく楽になるから、そういう風に自分に毎回言い聞かせるといいよ。」

4~5年前に子育てで躓いていたときに、娘の担任でもあり先輩お母さんでもある方から

そうアドバイスされて以来、いつの間にかそういう訓練をしてきたからか(?)、

子どものことであまり一喜一憂しなくなりました。

週末、息子からちょっとしたことで、

「俺のために恥ずかしい思いをさせてごめん。」といわれました。

でも、私はまったく恥ずかしいと思っていなかったので、

「え? 恥ずかしいのは貴方のほうでしょ。私は自分がやったことの結果じゃないから、
全然恥ずかしくない。」

と言いました。

言われて初めて、

”そういえばいつからこういうことで腹が立たなくなったんだろう?”って思いました。

子どもの成長を喜ぶとか、成功を喜ぶのは普通なことだけど、

子どものしでかしたことで、”まったく親に恥ずかしい思いさせて!”とか、

”いつまで貴方のために頭を下げさせたら気が済むの?”とか、

いうのは、やっぱりちょっと違うなと思うのです。

”子どものしたことが恥ずかしい”と思うときは、

そのことについて、周りから自分がどういう親だと思われるんだろうと意識するからで、

子どもの評価ではなく、自分自身の評価を気にするからなのですよね。

子どものやることに手を出しすぎると、どうしても自分の評価につなげてしまうものですが、

子どもとの間に一線を引いて、子どもに任せてみると、

少しずつ子どもとのいい距離感ができ、いい感じに関われるように思います。

子どもも、”親の責任ではなくて自分の責任なんだ・・”って実感するでしょうし。

改めて、先週末、数年前に頂いたアドバイスの意味をかみしめました。
[PR]

by xxluffyxx | 2012-03-19 15:38 | diary | Comments(2)
Commented by Manami at 2012-03-21 10:07 x
頭では切り離し他方がいいとわかっていても、これがなかなか難しいです。
切り離したりまたくっついたりのくりかえし。。。
修行が足りません。
Commented by xxluffyxx at 2012-03-23 09:07
Manamiさん

難しいですよね。
でもこれって訓練なのかも。
私相当娘のときに訓練されたので・・笑。
切り離して考えないとやってられなかったのよ。


<< 春ですね。      クッキー焼きました。 >>