2012年 03月 27日

それぞれの春

b0242465_95131100.jpg



数年前まで一緒に仕事をしていた仲の良い友達が、
北海道へ数年単身赴任で家を離れることになりました。

男性の友達ではなく女性の友達の話。

仕事をバリバリする子でもなく、
むしろ一緒に仕事をしていたときの彼女はパートタイムで、
”そろそろ赤ちゃんがほしい。”という理由もあってここを去ったぐらい、
家庭に入って落ち着きたいと言っていた彼女・・。

ここを去ったあと、ご主人の事業がうまくいかなくなり、
いろいろな意味で彼女なりに計画していたライフプランが崩れてしまったようでしたが、
数多く語らない彼女だけど、彼女なりにご主人を支えていたようでした。

先日久しぶりに飲んでいたとき、

「赤ちゃんって神様からの授かりものではあるけれど、
 子作りって、赤ちゃんがほしいと思うときの勢いに乗るのもありだったんだよね。
 経済的なものとか、そういうものって後からついてくるものっていうかさ、
 あのときに作ってたら・・って、時々思う。」

そういう彼女の話しぶりから、彼女もご主人も、
今はもうその勢いがなくなっているように思えました。
北海道への単身赴任を決めたとメールをもらったとき、私はとても驚いたのだけど、

「今までの生活から一人離れてみる、それもありかな!と思った。」

という前向きな言葉に私はとても励まされたのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


女性は、結婚、出産、育児・・などによってライフステージが変わると、
ものの考え方、背景、価値観が大きく変化するものだと思います。
一緒に生活をしている相手が自分の変化とともに柔軟に一緒に変化してくれるとは
限らないし、自分を取り巻く環境もまた容易に変わるものではありませんよね。
その場所で、その変化を受け入れて、新たな自分を作り上げていくのもあれば、
一歩踏み出して外へ出て行く勇気を持つのもあり・・。
いずれにしても、グチを言っているだけでは何も変わらない・・。

彼女とここ一ヶ月接していて、そんなことを学ばせてもらいました。

あちこちで、新しい生活のスタートを切っている人たちがいます。

新しい地での、素敵な新しい出会いがまたありますように・・・。

ささやかだけど、祈りつつ、陰ながら応援したいと思います。



 
[PR]

by xxluffyxx | 2012-03-27 10:20 | diary | Comments(2)
Commented by hairpriori at 2012-03-27 20:27
それぞれが岐路に立つ季節ですね・・
Commented by xxluffyxx at 2012-03-31 09:37
そうですね。
いろいろな春を迎える人がいることを思います。


<< 平成犬事情      七歳までは夢の中 >>