<   2014年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2014年 08月 31日

b0242465_1715693.jpg



たくさんの人や物と出逢うけど、

引き寄せされる人やものは、限られている。

大切にしたいなぁと思う、今日この頃。
[PR]

by xxluffyxx | 2014-08-31 16:57 | Comments(0)
2014年 08月 24日

負けず嫌い

b0242465_11523824.jpg



意外に負けず嫌いなのか、

できない自分…というものに

何につけても許せなかったりするので、

地味にコツコツやるほうです。

最近、こっそりとゴルフのレッスンを受けてます。

これで、少しはスコアも上がるでしょうか。


涼しくなったら、リベンジしたいな。
[PR]

by xxluffyxx | 2014-08-24 11:47 | Comments(0)
2014年 08月 20日

久しぶりに見た涙

b0242465_19272148.jpg



突然上司から呼ばれ、

思いもかけない長期出張。

来月はほとんど大阪で仕事…。

まぁ、雇われている身なので仕方がない。

「お子さん、もう、大きいから大丈夫でしょ?」

はい、まぁ、そこは大丈夫です…

とは言ったものの、

娘ったら、意外にも泣き出し、

「ママがいない生活は考えられない。」

泣く姿に思わず彼女の祖母と目を見合わせ、

(え?うそでしょ?泣いてる)

「週末は帰ってくるよ。いつもの生活とたいして変わらないよ!」

と、なだめたものの、暗ーい顔。

ここ数年、私はほとんど母親らしいことしてないんですが、やっぱりさみしいんですね。

それにしても、忙しいという言葉を使いたくはないけど忙しい。

体と頭がバラバラになりそうだよぉ。
[PR]

by xxluffyxx | 2014-08-20 19:15 | Comments(4)
2014年 08月 16日

節目を迎えます

b0242465_13242767.jpg



「誕生日プレゼント、何もいらんから、今月分の携帯代払ってよ。」

と、言い、

「あ、おれ、28日は家にいないから。」

と、早々、誕生日には家にはいない宣言。

「いや、しかしさ、
二十歳の誕生日。特別なんだから、
ちょっとお祝いしようよ?」

と、言ってみたけど、

「そんな、また、大袈裟な(笑)。」

と、取り合ってもらえず。

まぁ、でも、本人にしてみたら、そんなもんなのかもしれません。

二十歳とは言っても、親から自立してるわけでもなく、まだ学生ですし。

「貴方さ、もう成人なのよ?8/29以降、何か悪いことしたら、新聞に実名でのっちゃうんだよ?」

と、真剣に言ったところで、

「かぁさん、何言ってんの?そもそも新聞にのるような悪いことなんてしねぇし。」


二十歳の誕生日が特別なのは、子どもにとって…というより、親にとって…なのかもしれません。

一年、一年は、あっという間に過ぎるけど、20年分を振り返ってみると、やっぱり長い年月。

節目を感じるのは親だけなのかもしれません。子どもは毎日が繋がっていて、どっこいしょと荷物をいったん下に置くことなく、明日に向かっている。

「でもさ、誕生日に携帯代はないよ。
やっぱり、何か記念に残るもの、お母さんはあげたいな。」

大学後半使うには、いいかな。

DIESELの時計、早めにプレゼントしました。
[PR]

by xxluffyxx | 2014-08-16 13:11 | Comments(6)
2014年 08月 15日

伊豆旅行

b0242465_1061388.jpg



伊豆の赤沢で海見てお風呂入って、

生もの食べて来よう!と思いついたのは、つい数日前。

当然、宿はどこもいっぱいなので、日帰りで。

混んでるとは思ってたけど、

ま、6時頃出れば大丈夫じゃない?

…と、いいながら、目が覚めて、支度して家を出たのは、7時半。

西湘バイパスは、まぁよかったものの、
降りてから、まぁ、渋滞もいいところ。

車がまったく進まない。。

お話にならないくらい。

車動かない、進まない中、

トイレ行きたくなり、尿意との闘い(笑)。

伊豆高原に着いたのは軽く13時半を回っておりました。

そして帰り…。

もちろん、道路も渋滞、おまけに生もの食べて帰る予定がお店もいっぱい、どこにも入れず。

伊豆を16時に出て家に着いたのは、軽く22時半を過ぎておりました。

「まぁ、でも、それも、よかったよね!
海を眺めながらの温泉は気持ちよかったし、車の中で、あんなにお喋りも日頃出来ないもんね!。ね、ね、ね!。」

に、娘からは、かる〜く冷たい目で見られたのでした。


夏休み、半分過ぎました。
[PR]

by xxluffyxx | 2014-08-15 09:50 | Comments(2)
2014年 08月 13日

古代エジプト展、そして、思い出のマーニー展

b0242465_2071821.jpg


古代エジプト展へ。

b0242465_2071786.jpg


そして、思い出のマーニー展も。

休日に江戸ですかっ!

あまり嬉しくないが、古代エジプト展を観て、レポート提出…が宿題らしく。

お盆休み初日は、母業に徹してきましたが、どちらも面白くて、充実した一日でした。

b0242465_2071978.jpg



上野、両国、娘はもちろん、私も初めて。

「どうせなら、上野動物園に寄って行こうよ〜。」と、娘に駄々こねてみましたが、却下されてしまいました(笑)。
[PR]

by xxluffyxx | 2014-08-13 20:02 | Comments(0)
2014年 08月 12日

計画が立てられない

b0242465_947343.jpg


8月に入ってから、

「お盆あたり休んで、どっか旅行してこよっかなぁ。」

と、言ったら、世の中は夏休みの計画を春頃から早々立てていて、今頃になって夏休みの予定を立てるなんていうのは、あり得ないらしい。

予定を立てるのが苦手な私。

計画性がない…ともいう。

それは、たぶん昔からで、乗りかかるのが遅くて、いつも出遅れるタイプでもある。

だから、

これまで、いろんな方からのお膳立てに乗っかって生きてきたのですが(笑)、これまた娘がまた私と似ていて計画性ゼロ。

「明日何しよっか?」

「明日起きたときの気分で決めない?」

「あー 、それねぇ、嫌がる男の子いるってこと、知っておいたほうがいいよー。」

と、かつて、学生時代に電話越しで、当時、デートの約束していた彼に気分を害された痛い記憶。


年齢を重ねて、これでもだいぶ計画立てるのも上手くはなってきた…と思うけど、やはり、せいぜい今日明日の計画どまりで、明後日以降は無理…かも。


そして、今日から、ダラダラ過ごす夏休みになりそうなのでした。
[PR]

by xxluffyxx | 2014-08-12 09:33 | Comments(2)
2014年 08月 10日

珍しい母娘

b0242465_10124581.jpg



認識してなかったけど、私と娘の仲の良さは、一般的に珍しいらしい。
高校生はお母さんと写メは撮らないし、
恋バナはしないらしい。先日、女の子を持つ母達との集まりで、かなり驚かれた。

実際のところ、息子は小さいときのほうが、絶対的に可愛かったが、娘は小さい頃より今のほうが可愛い。
小さい頃は、育てにくい子だった…というのもある。しかし、なんとなく自分で感じるのは、今の娘に自分自身を見ているということだ。楽しいこと、悩ましいこと、いろいろ話してくれる彼女を見ながら、高校時代の自分自身を見る。同じような経験を思い出してはワクワクしたり、切なくなったり。
だから余計に愛おしく感じるのかもしれない。

母娘の仲の良さを周りから言われると、娘は、「あくまでも私ががママに合わせてあげてるだけで、マザコンじゃぁないからねー。ママがドーターコンプレックスなんだよ!。」

ちょっと言えてるかも。

今月末、息子はハタチになる。
最近ようやく息子離れしてきて、息子を客観的に見れるようになってきたけれど、そろそろ次の準備をせねば。。ね。

私自身が、自立することから…かな。
[PR]

by xxluffyxx | 2014-08-10 09:57 | Comments(4)
2014年 08月 09日

海の家、女子会

b0242465_8412099.jpg



新宿から二時間。

着いたはいいけど、台風接近のなか、

大丈夫?海の家の飲み会。

今年は海の家でランチしたり飲んだりが、ちょっとマイブーム。

由比ヶ浜の海の家で飲んでたら、

海の家のお兄さんたち、土嚢を積み始め、そんな光景を見てたら、波がザブーン。

じぇ、じぇ、じぇ。

↑ふるっ(笑)。

それでも動じない地元の友達。

いや、しかし私ら、濡れて横浜へ帰れませんから〜。

鎌倉駅周辺で飲み直そうと撤退。

だけど、材木座のあたりまできたら、なんだか波も穏やかよ?。

うーん、やっぱり、波の音聞きながら、

潮の香り嗅ぎながら飲みたいわ。

b0242465_8412128.jpg



先日、軽井沢でも思ったけど、

自然は疲れを根こそぎとってくれる。

老後は海の近くがいいかな、

山の中がいいかな。
[PR]

by xxluffyxx | 2014-08-09 08:32 | Comments(2)
2014年 08月 08日

夏祭り

b0242465_16241094.jpg



連日、夏祭りに忙しい娘からメールがきます。

「ねぇ、今日は何時までオッケー?」

門限通り帰ってくるあたりは、やはり女の子だなと思います。
(息子とはやはりちがう。)

先日は、小学校の同級生の男の子が、家の近くまで送ってくれたとか。

「優しいんだよ。私が家の中に入るまで、ずっと見ててくれた。」

微笑ましい光景に、思わず嬉しくなった。

そんな時代が私にもあったなぁ。

ラムネを一緒に飲んで、

金魚ぶらさげて帰った時代があったなぁ。

こんな頃が一番楽しかったなぁ。
[PR]

by xxluffyxx | 2014-08-08 16:18 | Comments(2)