2011年 12月 04日

アドベント第二週に思うこと

b0242465_9405412.jpg


アドベント第二週に入りました。

クリスマスには、何らかのいろいろなストーリーがあると思うのです。

何か特別なプレゼントをもらったとか、特別な人と過ごしたとか、そういうことばかりではなくて。

私には毎年この時期に思い出すクリスマスがあるのですが、あの瞬間を毎年思い出すだけで、今年もいいクリスマスじゃないかと思ったりしています。特別なプレゼントもなければ、特別な人と過ごすことが叶わなくても。

それは、今から六年前。
長くブログをご拝読いただいてる方はご存知ですが、娘は六年間、こども専門の大きな病院にかかっていました。そこは風邪ぐらいでかかることはできない特別な病院なのですけど、いろんな科があって、まだまだ解明されていない病に闘っている子供たちが大勢入院したり通院したりしている病院です。

六年前の私は、ほんとに娘と心中してしまおうか?と瞬間的に思うことがあるほど、疲れていたのですが、そんな年のクリスマスを境にすごく元気をもらいました。
クリスマスイブに長い診察を終え、人もまばらになった会計ロビーにいたとき、どこかのボランティア団体でしょうか、目の前のピアノに人が集まり、コーラスが始まりました。

真っ赤なお鼻の~♬。トナカイさんが~♬

娘が、隣にいた頭にヘッドギアをつけた子と歌い出しました。
それもとっても嬉しそうに、踊りながら。
その子は知的に遅れがあるようでした。
少しぎこちない動きのその子の手を、娘は何か喋りかけながら、自分の手に握らせようとし、その子もそれに応えていました。私は一瞬、娘が余計なことをしようとしてるのではと思い、止めに行こうとしたところ、横にいたその子のお母様が、大丈夫と私を制しました。

そのうち、きよしこの夜が歌われたその時、なんだがグッと胸にこみ上げるものがあり、泣きそうになって横を見ると、そのお母様もうっすら涙を浮かべながら口ずさんでいました。私も静かに口ずさみ、名も知らないその方と気持を共有しながら、涙をたくさんこぼしてきよしこの夜を口ずさみました。

その時に思ったのは、クリスマスは心の中で、小さな与えられた幸せをお祝いする日なのだということでした。

あれは、年が暮れていくごとに鬱々としていた私に、神様がくださった素敵なギフトだったと思います。だってあの瞬間を今もなお思い出し、温かい気持にさせられるのですから。
[PR]

# by xxluffyxx | 2011-12-04 09:11 | iPhoneから | Comments(4)
2011年 12月 03日

え?私より下なんだよ??


b0242465_14175926.jpg



なんでですかね?

自分よりも娘のことを下だと思っているかのようなルフィ。

日ごろの言動で、子どもだって分かるんでしょうか。

いつまでも、子どもっぽい態度とってると、ルフィにバカにされるよって言ってあります。

これを機に少し娘も落ち着けばよいのですけど。
[PR]

# by xxluffyxx | 2011-12-03 14:19 | daughter | Comments(4)
2011年 12月 02日

マイペースって

ルフィと過ごす初めての平日の昼間。

仕事休んで家にいたところで、

ルフィに振り回されて、ゆっくりできないだろうなぁ。。。と、実は思っていたのですが、

その私の気持ちを汲んでくれていたのでしょうか。

とってもスローな一日を送ることができました。

ときどき私をみつけて、”大丈夫?”っていうような表情で見つめるルフィ。

b0242465_16273683.jpg


お昼過ぎには、吐き気も頭痛もとまって復活しました。

さて、全然話変わるのですけど、

”マイペース”って言葉があって、よくも悪くも使われていますけど、

最近、それはプラスのイメージとしてとらえ、マイペースにいきたいと思ったりしています。

我が家は息子が超マイペース人間で、一見、”我儘”に思えたりしなくもないのですが、

常に自分のペースを崩さず、人に無理に合わせたりもしないので、

相手にも自分に合わせることを要求しなければ、それを期待もしない、

見ていて本当に楽そうなのですね。

付き合う相手もきっと楽なのではないかと思うのです。

そして、

(母親の私が知らないだけかもしれないけれど)

この家の中で、いろんな友達と友好に人間関係を築いているのは、彼なんですね。

マイペース。

人にヒンシュク買われない程度のマイペースは、いいことなのかもしれません。
[PR]

# by xxluffyxx | 2011-12-02 16:37 | Luffy | Comments(6)
2011年 12月 02日

二日酔い



b0242465_10404681.jpg



体調が今ひとつのところにきて、飲み過ぎと睡眠不足が重なりついにダウン。

今朝は自分の体を起こすことが困難で、布団から出ることができませんでした。

ママの財布からお金持っていってお弁当買って・・と娘に頼んだけど、

どうやら自分で作っていった様子。

キッチンに降りてきたら、卵の殻とインゲンのヘタとお弁当のアルミホイルを探した跡が

ありました。

まぁ、たまにはいいでしょう・・。こういうことがないと親の有難みも分からないから。

今週は下半期の面談が上司とあり、来年度の自己目標を立てて書類を提出。

1時間にわたる面談では、少しめげそうになることもありましたが、

今年の・・いや、これまでの自分自身の職場での姿勢、人に与えている印象についても、

省みるいい機会だったのではないかと、今は思います・・。(今は・・ね。(笑)・・)

人と話しているとき、時々、う~~ん・・そうじゃないんだけどな・・っていうことって

よくあるし、自分の発した言葉によって、相手を不快な思いにさせたり傷つけたり・・って

いうこともよくあること・・。だけど、そういうことって、

受けた側に問題があったわけでなく、与えた自分に問題があったのだと受け止めるように

しています。

今年を振り返るにはまだ早いけれど、年末はいろいろと忙しくなるので、

振り返って反省できるときに反省して、先の自分につなげていかないとね。
[PR]

# by xxluffyxx | 2011-12-02 10:55 | diary | Comments(2)
2011年 12月 01日

White Gift〜北極からの贈り物〜

b0242465_713279.jpg



先日、東京ミッドタウンにある、富士フイルムスクエアへ、写真展をみてきました。

リサ・ヴォートさんの写真展です。

感動しました。
最近、ちょっとしたことで涙腺が緩むのですが、その場で泣き出してしまいそうなくらい感動しました。
北極ですから、気温は想像を絶するほど低いでしょう。でも、どの写真も温かくて、そこがとても寒い場所であることを感じられません。

写真に見入っていたら、リサさんが話しかけてくださいました。
上記のことを伝えたら、それは被写体に愛があって、私もテクニックより何より愛をこめて撮ったからとおっしゃっていました。

いくつかの写真は、タイミングを優先させ、レンズを付け替える時間がなかったので、かなり近づいて撮られたそうですが、恐くなかったのか?と訪ねたら、私の愛を彼らは感じているし、私が恐れていないのも彼らは感じている、だから怖くなかった、むしろエキサイティングだったとおっしゃっていました。

愛と信じることは何よりも勝るものなのかもしれません。

とても癒される写真の数々。
入場もフリーです。

ぜひお出掛け下さい。
[PR]

# by xxluffyxx | 2011-12-01 07:02 | iPhoneから | Comments(4)