晴れ、ときどきくもり

xxluffyxx.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 27日

対岸の彼女

b0242465_995039.jpg



一ヶ月に五冊くらい本を読みます。

フィクション、ノンフィクション、サスペンスもの、ヒューマンストーリー、ジャンル問わず。

先日、ずっと読みたいと思いながらそのまま放置していた、角田光代さんの「対岸の彼女」を読みました。直木賞受賞作品だけど、「八日目の蝉」や「森に眠る魚」を先に読んでいて、こちらは後回しになっていました。三日で読みました。

同じものを見ていたと思った相手が違う場所にいるのが怖い…。


角田さんって、女性の心理をとてもうまく文字にする方ですけど、この言葉かすごく残りました。子供の頃って、家庭環境はいろいろでも、みんなが平等な位置にいるような感覚だったし、物事に対する考え方も、子どもだから経験を積んでいない分、友達とさほど違いを感じることが少なかったけど、大人になるにつれて、置かれている環境や、積んできた経験によって、物事の見方、感じ方、表現の仕方が変わってきます。
特に女性の場合、結婚している、していない、子どもがいる、いない、結婚相手の経済的なもの、親と同居か核家族か…、いろんな要素によって変わってくるもの…。

対岸にいる彼女との友情は成り立つのか?


読後感のよい作品でした。





角田光代さんの著書は、
[PR]

by xxluffyxx | 2012-07-27 08:38 | Book | Comments(2)
Commented by hairpriori at 2012-07-27 10:46
こう見えて(見えませんが^^)私は読書好きです
時間があれば本に手が伸びますが娘が寝てからですので読める時間が今は少なくなっちゃいました
Commented by xxluffyxx at 2012-07-27 13:09
そうなんですね。
私も通勤時間が今は短いのでなかなか時間がないのですが夜ひたすら読んでます。


<< ちょっと嬉しかったこと。      姉妹 >>